そして自動化へ

作ったものの「繋がり」は自動で可視化される

例えば、ダッシュボードがどのデータをどこで処理してできているのか、ひと目で把握

「繋がり」をそのまま更新対象として登録

だから、たったの数クリックで自動化設定が可能

更新タイミングをセットすれば終わり

毎時、毎日、毎週、毎月、から選択可能

エラー箇所も瞬時に把握

運用

GoogleDriveとスプレッドシートのデータを前処理し、BigQueryにエクスポート

PostgreSQLのデータを前処理し、ダッシュボード化

SalesforceとGoogleAnalyticsのデータを前処理し、ダッシュボード化とAmazonS3にエクスポート