nehanで行う
AI

前処理+AIの破壊力

前処理後データに機械学習をダイレクト接続

様々な機械学習モデルが利用可能

  • 決定木

  • ランダムフォレスト

  • XGBoost

  • LightGBM

  • SVM

  • 回帰モデル

  • 線形混合効果モデル

簡単な設定、精度最大化

目的変数、説明変数の設定


最も精度が高くなる前処理手法を自動選択


パラメータ範囲から最も精度が高くなる値を自動選択


もちろん検証も自動で実施


作成したAIのAPI化

API化することで、nehan外部からnehan内で構築したロジックを利用可能に。

このページによる退職予測は、裏側でnehanが予測エンジンとして稼働しているサンプルです。