ノーコードダッシュボード構築のススメ
〜nehan × CData〜

2022.12.07

はじめに

本記事はCData Advent Calendar 2022、7日目の記事です。

分析ツールnehanは、CData社製のドライバ(以下、CDataドライバ)を導入しておりこれにより、様々なデータをnehanに連携することが可能になっております。

本記事では様々なデータをnehanに連携するイメージ、そして「プログラミング不要の分析ツールnehan」の魅力をお伝えするべく、ビジネスの健康状態を監視するダッシュボードの構築例をご紹介します。

やりたいこと

nehan社が提供する分析ツールのような、SaaSビジネスの健康状態を監視することを考えてみます。


  1. サービスのPRは機能しているか

  • 例:Google Analyticsで計測

  1. 問い合わせ → トライアル → 導入、の数値を確認したい

  • 例:Salesforceで計測

  1. もしトライアルで導入が見送られた場合はその理由も把握したい

  • 例:Google Formでアンケート回収

  1. 導入後、利用が行われているかを確認したい

  • 例:サービス利用ログはAmazon Athenaで取得可能


この4点にフォーカスを当ててみます。

nehanに落とし込む

nehanに各データを取り込み、ダッシュボード構築まで行った際のフロー図です。この図はnehan内で自動生成される大変便利な機能です。

なお、Google Analytics、Salesforceのデータ連携には、裏側でCDataドライバを利用しています

※Google FromはGoogleスプレッドシートにデータを自動連携できるため、nehanにはスプレッドシートのデータを連携しています。

どの変がノーコード?

いくつかのシーンを画面キャプチャを交えてご紹介します。

Google Analytics → nehan

取得したいディメンジョン、メジャーなどを選択するだけでOK。

CDataブログ でも紹介

Salesforce, Athena → nehan

Salesforce, Athenaは、データを連携する際にSQLの記述を必要としますが、nehanは「SQLビルダー」機能を搭載しています。

これにより、マウス操作でSQLを生成することができ、取得データをnehanに連携することができます。

CDataブログ でも紹介

前処理

連携したデータを「分析プロジェクト」で可視化する形に処理していきます。

nehanの強みである前処理機能であれば、どんな汚いデータも分析に適した形に変換できます

可視化

グラフタイプや軸を設定するだけで、簡単にグラフを作ることができます。

ダッシュボード化

作成したグラフを一つのダッシュボードに統合します。

表示期間を切り替えられるフィルターも設定しておきました。

自動更新設定

最後に、毎月1日に自動更新する設定をして完了です。

終わりに

一切のプログラミングを行わず、データの取得からダッシュボードの構築まで実現できました。

さらに、運用を見越した自動更新設定までも実現。

このような社内各所にデータが点在しているケースでは、それらを統合して活用する際、手間を考えると気が重くなってしまいます。

nehanであればこれ一つで全てが実現でき、分析によるビジネスの加速を実現できるでしょう!